ハンドボール 1対1 ディフェンス

鉄壁のディフェンスで1対1を制する2つのポイント

ハンドボールの試合中には、1対1ディフェンスをする局面が非常に多くなります。
この1対1ディフェンスをする上で大切なことは大きく2つあります。

  1. 相手の動きを観察
  2. 相手との距離

 

相手の動きを観察

1つ目は、相手の動きをよく観察するということです。

 

ハンドボールのディフェンスでは、こちらが先に動いた場合、
抜かれる危険性は非常に高くなるため、相手の動きをよく観察して、
自分のどちら側に抜こうとしているのかを考える必要があります。

 

たとえばオフェンス側が右利きの選手の場合、
自分の左側を抜かれたら容易にシュートまで持ち込まれます。

 

 

一方、右側を抜かれた場合は、
体を捻りながらシュートを打たなければならないため、
打ちづらいシュートとなり、キーパーが止められる確率が高くなるわけですね。

 

また、ひねっている間に体を寄せて、
シュートコースを狭めることができるので
シュートの成功率を下げることができます。

 

 

なので、ディフェンスとしては、
自分の左側を絶対抜かせないように相手の動きを観察しながら、
ディフェンスすることが大切
になってきます。

 

 

オフェンスとの距離(間合い)

2つ目は、相手との間合いです。

 

ハンドボールにおいて相手との接触は
「正面からの接触」と「ボールを守る中での接触」は認められており、
相手ボールのフリースローから再開します。

 

 

なので、1対1ディフェンスをする際には、
相手に半身ずらされないように正面に入り、
相手が抜きに来る前ならば、一気に距離をつめて
ホールディングしにいきましょう。

 

ただ、相手が抜きに来ているときにホールディングをしにいくと、
相手には抜かれやすくなりますし、横からの接触となり、
反則を取られてしまう可能性も生じます。

 

 

なので、しっかり相手の動きを見ながら、行うことが大切です。

 

 

まとめ

このようなことを踏まえてディフェンスすることで、
相手はディフェンスを崩せず、攻めにくい守備ができるでしょう。

 

ぜひ今回のポイントを覚えておいてください。

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

得点を入れさせない効果的なディフェンスのやり方
ハンドボールにおけるディフェンスの効果的なやり方について解説しているページです。セットオフェンスの場合と、速攻を守るディフェンスの2つに分けて説明します。具体的にどう動けば相手はシュートしにくいか?それがポイントです。
ディフェンス力を上げるフットワーク練習
ハンドボールのディフェンス練習はどう取り組むべきか?フットワーク練習はそのキーポイントであり、その具体的な練習メニューについてお伝えします。