ハンドボール ディフェンス 練習

ディフェンス力を上げるフットワーク練習

ハンドボールの全体練習では
どうしてもオフェンス側に意識がいってしまい、
ディフェンスの練習時間は少なくなってしまう場合があります。

 

 

そうならないように普段の練習から、
試合のような緊張感をもって臨み、
絶対に抜かせないという意識でディフェンスをしましょう。

 

 

 

また、ディフェンスに効果的の練習として、フットワーク練習があります。

 

ハンドボールのディフェンスの根本にあるのは、足を動かすことです。

 

相手をホールディングする際も、正面から出なくてはならないため、
相手の動きに対応し、横や前へ素早く動かなくてはなりません。

 

そのために、フットワーク練習が効果的です。

 

 

ディフェンス力を高めるフットワークの練習

まずは、オフェンスがいない状況で6mラインと9mラインの間を
サイドステップやクロスステップを用いて往復します。

 

何本か行い、最初の方はしっかりとステップを踏むことを意識し、
途中からはスピードを上げていきましょう。

 

 

次に、オフェンスがいる状況でのフットワーク練習です。

 

オフェンスはシュートを打ちに行きはせず、できるだけ素早くパスを回し続けます。

 

 

これに対してディフェンスは先程のステップを用いて、
ボールを持ったプレイヤーの方へ移動し続けます。

 

これを、時間を決めて取り組むことで、
ディフェンスの際の足の動かし方がわかり、ディフェンスの穴が少なくなるでしょう。

 

このように、ディフェンス練習には、フットワークトレーニングが効果的です。

 

フットワークは一人でもできるため、
空き時間などに取り組むと、ディフェンス力は著しく向上するでしょう。

 

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

1対1のディフェンスで相手が攻めにくくさせる鉄壁守備とは?
ハンドボールの守備(ディフェンス)において意識したい2つのポイントを解説します。鉄壁の守備を誇るチームはこの2つの意識があり、逆にこれがなければ、簡単に抜かれてシュートを打たれ放題になってしまいます。
得点を入れさせない効果的なディフェンスのやり方
ハンドボールにおけるディフェンスの効果的なやり方について解説しているページです。セットオフェンスの場合と、速攻を守るディフェンスの2つに分けて説明します。具体的にどう動けば相手はシュートしにくいか?それがポイントです。