ハンドボール ディフェンス やり方

効果的なディフェンスのやり方

ハンドボールのディフェンスとはそもそも、
個々の局面では1対1のディフェンスをして、
全体としてはチーム全員でディフェンスをします。

 

ディフェンスをする場面として、
セットオフェンスを守るときと、速攻を守るときの2つがあるので
それらを見ていきましょう。

 

セットオフェンスを守る

セットオフェンスを守るときは、チーム全員で動きながら守ります。

 

まずは、1対1の局面で、それぞれが抜かれないようにする。
そして、パスや、オフェンスの動きに合わせて、
ディフェンスの受け渡しをするというのが基本になってきます。

 

 

また、抜かせては行けない方向を
事前にチーム全体で共有しておくことも大切です。

 

基本的には、ゴールに近い中央側は抜かせないようにし、
相手に、狭いコースからシュートを打たせるというのが効果的です。

 

狭いコースからシュートを打たせたり、
狭い角度からのサイドシュートを打たせることができれば、
キーパーは止めやすいですし、ゴールが入る確率も下がります。

 

 

速攻を守るディフェンス

速攻を守るときは、走りながらの1対1になることが多いです。

 

このときに注意しなければならないのは、
相手がシュートフォームに入ってからのむやみな接触は避けるということです。

 

反則を取られて、7mスローになってしまう可能性が高いです。

 

なので、速攻を守る際はコートの中央側を走り、
相手に接触することなく、体で相手をコートの端側へと追いやるということです。

 

こうすることで、相手は角度の狭いところからシュートを打つことになり、
キーパーも止めやすくなります。

 

 

ディフェンスのポイントまとめ

 

このようにディフェンスする際は、
角度の広い方向へは絶対に抜かせないようにし、
できるだけ角度の狭い端へと追いやることが効果的です。

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

1対1のディフェンスで相手が攻めにくくさせる鉄壁守備とは?
ハンドボールの守備(ディフェンス)において意識したい2つのポイントを解説します。鉄壁の守備を誇るチームはこの2つの意識があり、逆にこれがなければ、簡単に抜かれてシュートを打たれ放題になってしまいます。
ディフェンス力を上げるフットワーク練習
ハンドボールのディフェンス練習はどう取り組むべきか?フットワーク練習はそのキーポイントであり、その具体的な練習メニューについてお伝えします。