ハンドボール フェイント 1対1

フェイントを使いこなしてディフェンスをごぼう抜き!

ハンドボールにおけるフェイントは、基本的に1対1の局面で使います。

 

フェイントを用いて1対1でディフェンスを抜くことができれば、
一気に得点チャンスとなります。

 

1対1のフェイントにおいて大切なことは、
ディフェンスとの間合いと位置取り、パス・シュートフェイントを身につけることです。

 

ディフェンスとの間合い(距離)

ディフェンスとの間合いは、フェイントをやる上でとても大切です。
相手との距離が遠すぎれば、フェイントをして相手を動かせたとしても、抜きに行くことはできません。

 

 

一方、ディフェンスとの距離が近すぎれば、
フェイントをしようとしてもすぐに捕まってしまいます。

 

つまり、ディフェンスに近すぎず、離れすぎない間合いを取ることがまず大切です。

 

 

位置取り(ポジショニング)

そして、次に大事なのが、位置取りです。

 

フェイントを仕掛けてスムーズに抜きに行くためには、
ディフェンスから半身ずれることがポイントです。

 

なので、フェイントを仕掛けていこうと思ったら、
パスを貰う前から、ディフェンスから半身ずれた位置で待ちましょう。

 

 

パスフェイク・シュートフェイク

そして、フェイントを用いてディフェンスを逆に動かすときに有効なのが、
体の動きでのフェイントに加えて、パスフェイクや、シュートフェイクです。

 

これらのフェイントをいかに自然に行えるかが、
相手がフェイントに引っかかるかの分かれ目です。

 

 

パスフェイクなら、自分に回ってきたまでのパスの流れを切らずに素早くフェイクを行い、
目線もパスフェイクする方向へ向ければ相手は引っかかるでしょう。

 

シュートフェイクは、いつもシュートするように思いっきり高く飛んで、
リアルにシュートすると見せることが大切です。

 

 

フェイントを習得し、1対1で相手を抜くことができるようになると、
チームの攻撃の幅は大きく広がります。

 

是非練習しましょう。

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

試合を有利に運ぶための2種類のフェイントと、基本的な使いどころ
ハンドボールではフェイントをうまく使うことで、ディフェンスを潜り抜け、得点につなげることも可能です。フェイントを使いこなすコツと2種類のフェイント法をお伝えします。