ハンドボール フェイント 基本

試合を有利に運ぶための2種類のフェイントと、基本的な使いどころ

フェイントと聞くと、サッカーをイメージする人も多いかと思いますが、ハンドボールにももちろんフェイントは存在します。

 

サッカーでのフェイントは、体の動きや足を用いて行われますが、ハンドボールは主に体の動きを用いたフェイントのみです。

 

 

2種類のフェイント

 

フェイントが使われる場面として、大きく2つあります。

 

1つ目は、オフェンスとディフェンスが1対1の場面で相手を抜き去りたいときです。
フェイントを用いて、ディフェンスを揺さぶり、抜き去ることで、フリーでシュートを打ちに行くことができます。

 

 

2つ目は、ディフェンスをずらして、フリーのオフェンスの選手を作り出したいときです。
セットオフェンスの攻め方としては、基本的に、1対1で相手を抜くか、フリーな味方を作りシュートを打たせるかです。

 

このフリーな味方を作る際にも有効なのはフェイントで、パスフェイクなどを用いることで、ディフェンスを逆へ移動させ、フリーになったポストやサイドへパスをだす事ができます。

 

そして、パスを受けた選手は容易にシュートへ持ち込めます。

 

 

フェイントの基本的な使いどころ

 

フェイントは基本的に、体の動きとパスフェイクを用いて行います。

 

体の動きを途中で変えたり、パスを出したい方向と反対にパスを出したりして、ディフェンスの選手の体の重心を反対側へ移動させます。

 

そして、重心が移動したらすぐに、移動した側とは逆へ、抜きにかかったり、パスを出したりします。

 

このように、オフェンス側はフェイントを習得することで、攻撃の幅が広がり、ディフェンスを崩しやすくなります。

 

ぜひフェイントを上手に活用していってください。

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

フェイント講座:1対1でディフェンスを抜き去る
ハンドボールにおけるフェイント講座。ディフェンスを1対1で抜くための3つのポイントをお伝えします。フェイント技術を身につければ、試合で一目置かれるプレイヤーになれます。