ハンドボール パス 練習

パスの練習で意識するべきこととは?

ハンドボールの攻撃の基礎となるのは、パスです。

 

パスが上手いチームは、攻撃のリズムも良く、ディフェンスをよく崩すことができます。

 

 

一方、パスが下手なチームだと、攻撃にリズムが生まれず、ディフェンスがオフェンスに対応できてしまいます。

 

 

すべてのパスに共通する上手いパスとは?

ここで言う上手いパスとは、パスを受けた味方がスムーズに次の動作に移れるようなパスのことを指します。
どんな種類のパスであっても、足元や高い位置ではなく、胸元へのパスが適切です。

 

 

そのようなパスを試合で使えるようになるためには、普段の練習から1個1個のパスを丁寧に行うことが大切です。

 

パス練習では、もちろん相手の胸元にきちんとパスすることを意識します。

 

 

パススピードは、遅すぎたらディフェンスにカットされてしまうので、味方が取れる範囲で速いスピードの方がよく、回転は縦回転がかかっていると、味方は取りやすいです。

 

パス練習以外のパターン練習や、ゲーム形式の練習でもパスに意識をしましょう。

 

 

パターン練習や、ゲーム形式の練習では、パスを受ける味方は、次の動作をしようとしています。
その動作を妨げないようなパスをすることを心がけましょう。

 

 

また、攻撃の組み立ての中で有効なパスとして、バックパスがあります。

 

バックパスは、パスを出す人は後ろを走る味方に、バックハンドでパスを出します。

 

このパスを習得するためには、バックパスを取り入れたパターン練習を行い、走っている味方にちょうどいいタイミングでパスを出せるようになるまで、何回も繰り返しましょう。

 

 

 

パスは、攻撃の基本であり、パスが上手いチームは攻撃のレベルも必然的に高くなります。

 

シュートなどに比べて疎かにしがちなパスですが、しっかり練習して、攻撃のレベルの底上げをしましょう。

 

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

パスのコツをしっかりとマスター!
ハンドボールのシュートのコツや練習方法、悩み別解決法などについてお伝えしています。ちょっとしたコツを掴んでグングン上達!