ハンドボール クイックシュート

クイックシュート講座:ディフェンスの意表を突いて得点力アップ

ハンドボールには様々な種類のシュートがありますが、その中の一つが、クイックシュートです。

 

通常のジャンプシュートは、しっかりとステップを踏み、
高くジャンプし、最も高いところでシュートを打ちます。 

 

一方、クイックシュートとは、ステップを細かく、
素早くし、ジャンプのし始めでシュートを打ちます。

 

 

クイックシュートが有効な場面

 

このクイックシュートが有効な場面は試合中にいくつかあります。

 

ディフェンスの意表を突く

1つ目は、キーパーやディフェンスの意表を突きたいときです。

 

相手がこちらのシュートのタイミングに慣れてきた、
試合の中盤以降に特に効果的なんですね。

 

 

ディフェンスは、シュートを打ってくるであろうタイミングに合わせて、ブロックしに行きますし、
キーパーもシュートを打ってくるであろうタイミングに合わせて、位置取りと反応をします。

 

 

なので、クイックシュートを打たれると、
一瞬ディフェンスやキーパーの反応が遅れますし、
その一瞬の遅れがゴールにつながります。

 

 

フェイントで相手をかわした直後

 

2つ目は、フェイントで相手をかわした直後。

 

フェイントで相手をかわした直後は、
前が空き、フリーでシュートを打てます。

 

 

ですが、すぐに周りのディフェンスがサポートにくるので、
フリーでシュートを打てる時間は短いです。

 

そのようなときに、通常のジャンプシュートをしようとすると、
ディフェンスにつかまりやすくなってしまいます。

 

そこで、クイックシュートを用いることで、
ディフェンスが寄ってくる前に、フリーでシュートを打つことができます。

 

 

このように、クイックシュートを習得すると、
得点チャンスの幅が広がり、より多く得点することができるようになるでしょう。

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

ロングシュートが決まらない時の解決法
ロングシュートが決まらない!シュートの成功率、得点率をアップさせたいときに意識するべきことと、練習方法についてお伝えします。
難易度の高いサイドシュートの基本と奥深さ
サイドシュートは難易度は高いですが、身に着けてしまえば格段に得点力がアップする応用力の高いシュートです。バリエーション豊富なサイドシュートの基本とコツの身に着け方をお伝えします!
シュートの成功率が悪いあなたへ
なぜシュートが決まらないのか?そう悩んでいる多くの人がつまづいているポイントがあります。この意識の違いであなたのシュート成功率がアップ!そんなポイントをまとめました。
ポストシュートが上手くなる2つのコツ
ポストシュートが上達するコツをご紹介します。慣れないうちは難しいと感じるかもしれませんが、ご紹介する2つのポイントを意識して練習することで、シュート成功率は上がり、バカスカ得点が入るようになります。ぜひマスターしてください
無回転シュートの打ち方のコツと有効なタイミング
ハンドボールの無回転シュートはどうやって打てばいいの?また、どのタイミングでどう使うべきか?それを解説します。無回転と基本シュートを投げ分けることで駆け引きにも使えます。