ハンドボール ポストシュート

ポストシュートが上手くなる2つのコツ

ハンドボールのシュートの一つにポストシュートがあります。

 

これは、主にポストのポジションの人が打つシュートで、
6mライン付近でパスを受け取り、ほぼ助走がない状況でシュートを打ちます。

 

助走がない点が他のシュートと異なり、慣れないうちは難しく感じるでしょう。

 

 

ポストシュートのコツ1:速攻でシュート!

 

ポストシュートのコツとして1つ目は、いかにパスを受け取り、早くシュートに持ち込めるかということです。
6mライン付近でパスを受け取るため、ディフェンスが密集しており、簡単にはパスは通りません。

 

なので、ポストは動きにフェイントなどを織り交ぜながら、ディフェンスを撹乱することが大切です。

 

また、味方との連携も大切であり、いくつか特定の攻撃パターンを作って
相手には、フローターがシュートしてくると思わせておいて、
ポストにパスを出すなどといった戦法が有効です。

 

 

そして、パスを受け取った後、シュートへ持ち込むのに時間がかかっていれば、
すぐにディフェンスに捕まってしまいます。

 

なので、パスを受け取ったら素早く反転し、
シュートを打てる態勢に持ち込むことが大切です。

 

 

ポストシュートのコツ2:駆け引き上手に

2つ目のコツとしては、キーパーとの駆け引きを制するということです。

 

ポストシュートはシュートまで持ち込めれば、
後はキーパーと一対一です。

 

ですが、助走が殆どない分ジャンプの滞空時間は短く、
キーパーにシュートのタイミングを予測されやすいです。

 

そこで、倒れ込みシュートを行って滞空時間を伸ばし、
ゴールの4隅を狙うことが大切になってきます。

 

 

ポストシュートでの得点が安定的に取れるようになると、
チームとして一気に戦いやすくなります。

 

練習して、ポストシュートの成功率を上げましょう。

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

ロングシュートが決まらない時の解決法
ロングシュートが決まらない!シュートの成功率、得点率をアップさせたいときに意識するべきことと、練習方法についてお伝えします。
クイックシュートでディフェンスの意表を突く
ハンドボールで使うクイックシュート講座!相手のディフェンスの意表を突けるクイックシュートをマスターしよう!
難易度の高いサイドシュートの基本と奥深さ
サイドシュートは難易度は高いですが、身に着けてしまえば格段に得点力がアップする応用力の高いシュートです。バリエーション豊富なサイドシュートの基本とコツの身に着け方をお伝えします!
シュートの成功率が悪いあなたへ
なぜシュートが決まらないのか?そう悩んでいる多くの人がつまづいているポイントがあります。この意識の違いであなたのシュート成功率がアップ!そんなポイントをまとめました。
無回転シュートの打ち方のコツと有効なタイミング
ハンドボールの無回転シュートはどうやって打てばいいの?また、どのタイミングでどう使うべきか?それを解説します。無回転と基本シュートを投げ分けることで駆け引きにも使えます。