ハンドボール ロングシュート 決まらない

ロングシュートが決まらないと悩んでいませんか?

ハンドボールをやっていると
「ロングシュートがなかなか決まらない」
そんな悩みはあると思います。

 

こういう悩みって結構あるんですが
そもそもロングシュートは成功率が低いものなんです。

 

 

キーパーの立場になって考えてみればわかると思いますが、
接近してからのシュートだとコースも読みづらいし、
素早い対応が求められるからです。

 

それに比べてロングシュートは、
目の前でどこに打たれるか分からないという緊張感もありませんし、
至近距離からのシュートよりは遥かに対応しやすいのです。

 

なので、なかなかロングシュートが決まらないっていうのは
実は当たり前のことです。

 

 

でもロングシュートで得点をあげるには
コツがあるのでそれをお伝えします。

 

 

ロングシュートを決めるコツと練習方法

ロングシュートを決める時に意識するべきポイントは2つあります。

 

  1. ゴールを狙う場所
  2. 球速

 

ゴールを狙う場所

まずロングシュートを決めるコツとしてはゴールの四隅を狙うことです。
ゴールバーやポストのギリギリ近くを狙って入れる感覚です。

 

ですので、シュート練習をする時には
特に四隅を狙うことを意識してシュート練習をして下さい。

 

ロングシュートは距離があるので
ゴールの、特に四隅を狙うにはコントロールが難しいと思いますが、
意識して練習していくことで、精度を上げることもできます。

 

 

球速

ゆるいボールではシュートコースもバレバレで対応されやすいです。
ロングシュートに限らず何にせよ早ければ早いほど良いです。

 

スピードのあるシュートを投げるためにも
腕立て伏せなどで腕力を鍛えるなどはもちろん、
手首のスナップや握力などもトレーニングする必要があります

 

腕力や握力を鍛えるのは、
ロングシュートだけでなく、キャッチングや素早いパスなどの
基礎力のアップにもつながります。

 

 

まとめ:ロングシュートの成功率を上げる2つのポイント

 

  1. ゴールの四隅を意識して狙うこと
  2. 球速UPトレーニング

 

これらを意識してロングシュートの練習を取り組んでみて下さい。

 

 

 

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

クイックシュートでディフェンスの意表を突く
ハンドボールで使うクイックシュート講座!相手のディフェンスの意表を突けるクイックシュートをマスターしよう!
難易度の高いサイドシュートの基本と奥深さ
サイドシュートは難易度は高いですが、身に着けてしまえば格段に得点力がアップする応用力の高いシュートです。バリエーション豊富なサイドシュートの基本とコツの身に着け方をお伝えします!
シュートの成功率が悪いあなたへ
なぜシュートが決まらないのか?そう悩んでいる多くの人がつまづいているポイントがあります。この意識の違いであなたのシュート成功率がアップ!そんなポイントをまとめました。
ポストシュートが上手くなる2つのコツ
ポストシュートが上達するコツをご紹介します。慣れないうちは難しいと感じるかもしれませんが、ご紹介する2つのポイントを意識して練習することで、シュート成功率は上がり、バカスカ得点が入るようになります。ぜひマスターしてください
無回転シュートの打ち方のコツと有効なタイミング
ハンドボールの無回転シュートはどうやって打てばいいの?また、どのタイミングでどう使うべきか?それを解説します。無回転と基本シュートを投げ分けることで駆け引きにも使えます。