ハンドボール サイドシュート

難易度の高いサイドシュートの基本と奥深さ

 

ハンドボールのポジションには、
フローター、キーパー、ポスト、サイドがありますが、
そのサイドが主に打つシュートがサイドシュートです。

 

サイドシュートはコートの端の角度のないところから、
中央へジャンプしながら打つシュートなので難易度が高いです。

 

ですが、そのバリエーションは奥深いです。

 

 

サイドシュートの基本

基本的な方法としては
踏み込んだところからできるだけ中央へ向かってジャンプし、
角度を広げながら打つということです。

 

また、狙うべきコースはキーパーが反応しづらい、腰の横、顔の横などです。
キーパーが大きく足を広げているときは、股抜けも狙いやすいです。

 

 

サイドシュートの特徴と応用

サイドシュートの特徴として、シュートの選択肢が広いことが特徴です。

 

キーパーがコースを狭くしようとして前に飛び出してきたときは、
ループシュートが有効です。

 

途中まではいつもどおりのフォームで、シュートを打つふりをしながら
キーパーの頭を越すようなふわりとしたシュートを打ちます。

 

不自然なフォームだと、読まれてしまうので注意が必要です。

 

 

しゃくり

「しゃくり」と呼ばれるシュートもサイドシュートにおいて有効です。

 

このシュートは体が沈み、シュートコースは下しか無いとキーパーに思わせ、
下に張ってきたところを、手首を返して、上にシュートを打つというものです。

 

 

スピンシュートで無限に広がるシュート力

また、スピンシュートも覚えると、選択肢が広がります。

 

スピンシュートとは、キーパーの手の届かない離れたところにバウンドさせ、
その際にスピンをかけることで、ゴールへ吸い込まれるように転がっていくというものです。

 

 

このように、サイドシュートは難易度は高いですが、
選択肢も多く非常に奥が深いシュートです。

 

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

ロングシュートが決まらない時の解決法
ロングシュートが決まらない!シュートの成功率、得点率をアップさせたいときに意識するべきことと、練習方法についてお伝えします。
クイックシュートでディフェンスの意表を突く
ハンドボールで使うクイックシュート講座!相手のディフェンスの意表を突けるクイックシュートをマスターしよう!
シュートの成功率が悪いあなたへ
なぜシュートが決まらないのか?そう悩んでいる多くの人がつまづいているポイントがあります。この意識の違いであなたのシュート成功率がアップ!そんなポイントをまとめました。
ポストシュートが上手くなる2つのコツ
ポストシュートが上達するコツをご紹介します。慣れないうちは難しいと感じるかもしれませんが、ご紹介する2つのポイントを意識して練習することで、シュート成功率は上がり、バカスカ得点が入るようになります。ぜひマスターしてください
無回転シュートの打ち方のコツと有効なタイミング
ハンドボールの無回転シュートはどうやって打てばいいの?また、どのタイミングでどう使うべきか?それを解説します。無回転と基本シュートを投げ分けることで駆け引きにも使えます。