ハンドボール エースポジション 役割

エースポジションに求められる2つの役割とは?

様々なスポーツがありますが、そのスポーツごとに、エースと呼ばれるポジションは決まってきます。

 

例えば、サッカーの場合はフォワード、野球の場合はピッチャーといったようにです。

 

では、ハンドボールにおけるエースはどのポジションなのでしょうか?

 

 

ハンドボールのエースポジション

 

それは、左45です。

 

左45はフローターの一角として、パス回しに参加しながらもシュートを積極的に狙っていくポジションです。

 

 

パス回しは、基本的にセンターが起点となります。そして、多くの場合、パス回しの結果勝負をするのは、左右の中心とした部分ですです。

 

局面としては、45がボールを持ち仕掛け、ポストやサイドはそれに連動して、動いたり、パスをもらったりします。この際、最も多いのは、45がそのままシュートを打ちに行くことです。

 

そのため、試合で最もシュートを打つことが多く、チーム最多の得点を上げることが求められます。

 

 

45には、左45と右45がありますが、右利きの場合、左45がゴールと角度がつけられるので、最もシュートを打ちやすく、それ故に左45がエースと呼ばれています。

 

 

エースポジションに求められること

 

左45というエースポジションをやる上で求められることはいくつかあります。

 

1つ目が、シュート決定率が高いということです。

 

左45が打つシュートは上からのシュートが多く、決して簡単なシュートではありませんが、エースがきめれば一気にチームの士気があがります。

 

2つ目が、冷静に状況判断できるということです。
エースということで、自分がシュートを打ちに行こうと躍起になると、相手のマークは集中し、シュートを決めることはより難しくなります。

 

ディフェンスが厳しかった場合、冷静に味方にパスできるような判断力も求められます。

 

 

エースである左45は、周りからのプレッシャーも有ると思います。

 

ですが、そのプレッシャーに打ち勝ち、多くの得点をあげたとき、真のエースとなることができるでしょう。

 

全国大会強豪チームの監督が教えるハンドボール上達の秘訣とは?


法政二高ハンドボール部をご存知ですか?


2001年から全国選抜大会に14年連続出場している強豪校で、
アジア選手権にも出場し、国体でも優勝している実績があります。



法政二校がいつも好成績を残せているのは
数々の実績を残している安倍監督の指導も大きいのですが、
短期間でハンドボール技術を上達させることができる
練習メニューを取り入れているためです。



法政二高が取り入れている練習メニューは、
体力や多くの時間を必要とする練習法ではなく、
ムダを削ぎ落としているため、短期間でも結果の出ると評判です。


この練習メニューは内容によっては一人でも実践可能で、
やみくもに時間をかけるような無謀で辛いトレーニングではありません。



具体的な練習メニューは動画で分かりやすく紹介されているので
興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?


>>こちら




関連ページ

上手くなるために必要な4つのスキル
ハンドボールが上達するためのポイントや練習法について解説しています。パス練習、ドリブル、シュートの使い分け方、試合で活躍できる選手になるコツや指導方法について、ハンドボールが上手くなりたいあなたへ
勝つために取り入れるべき練習メニュー
ハンドボールが上達するためのポイントや練習法について解説しています。パス練習、ドリブル、シュートの使い分け方、試合で活躍できる選手になるコツや指導方法について、ハンドボールが上手くなりたいあなたへ
一人でできる自主練メニュー
チームスポーツの印象が強いハンドボールですが、個々のスキルを上げるための自主練に取り組むことで、試合でも活躍できるプレイヤーになれます。自主練で取り組むべき練習メニューを2つご紹介します。
上達につながる練習での意識の持ち方とは?
ハンドボール上達に必要なことは何か?それは練習時の意識の持ち方です。同じ練習をしていても上手くなる人とそうでない人には意識の違いがあります。上達するためにはどうすればいいか?それを解説しています。